书签 分享 收藏 举报 版权申诉 / 3

类型JIS D1060-1982 轿车前面撞击和后面撞击的试验方法.pdf

  • 上传人:xiang2257149
  • 文档编号:61806778
  • 上传时间:2017-06-17
  • 格式:PDF
  • 页数:3
  • 大小:123KB
  • 配套讲稿:

    如PPT文件的首页显示word图标,表示该PPT已包含配套word讲稿。双击word图标可打开word文档。

    特殊限制:

    部分文档作品中含有的国旗、国徽等图片,仅作为作品整体效果示例展示,禁止商用。设计者仅对作品中独创性部分享有著作权。

    关 键  词:
    JIS D1060-1982 轿车前面撞击和后面撞击的试验方法 D1060 1982 轿车 前面 撞击 后面 试验 方法
    资源描述:
    免费标准卜载网(wW.freb.net)
    日本工業規格
    JIS
    D1060198
    乗用車の前面?後面の衝突試験方法
    Frontal and Rear Vehicle Collision Test Procedure
    適用築囲この規格は,乗用車の固定バリヤによる前面衝突及びびムービングバリヤによる後面衝突の
    試験方法について規定する。ただし,二輪自動車には適用しない。
    対応国際規格
    Iso 3560 Road vehicles-frontal fixed barrier collision test method
    ISO 3784 Road vehicles-measurement of impact velocity in collision tests
    ISO 3984 Road vehicles -Passenger cars -Moving barrier rear collision test metho
    2.用語の意味この規格に用いる主な用語の意味は,次による。
    ()走行路試験車及びムービングバリヤの走行に用いる助走路を含む路面。
    (2)ピット衝突中及び衝突前後の試験車の状態を下側から観察し,測定するための请状の地下構造物
    (3)衝突角度バリヤ前面と直交する鈴直面と試験車縦轴を含む鈴直面とのなす角度。
    (4)解明度衝速度を測定するときの,有効最小単位。
    3.試験場及設情
    3.1試険場試験場は,次のとおりとする。
    (1)走行路,固定バリヤ及びその他試験に必要な設備を収めるのに十分な広さであること。
    (2)衝突地点の手前15mの走行略区間は堅く水平で,かつ、いかなる区間の1mをとっても3%以下のこ
    う配であること。
    3.2固定バリヤ固定バリヤは,次のとおりとする。
    (1)地上部の大きさは,原則として幅3m以上,高さ1.5m以上,厚さ0.6m以上の鉄筋コンクリートのブ
    ロックからなり,その質量は7t以上であることが望ましい。
    (2)バリヤ前面は平らで,かつ鈴直であり,厚さ20土2mnの木合板で覆われていること
    なお,木合板とバリヤの問に,剛な金属板ヌは構造物を入れて使用してもよv
    3.3ムービングバリャムービングバリヤは,次のとおりとする。
    (1)衝突面は,衝突により変形することがない堅固かつ平らな鈴直面で,その寸法は表による。ただ
    試験目的により別の寸法が指定された場合にはこの限りではない。
    行突面の寸法
    単位mm

    下端の地上高
    2500以上
    800以上
    175土25
    (2)衝突面は,厚さ20土2mmnの木合板で覆われていること。
    免费标准下教网(www.freeby.neU)无需注册,即可下载
    免费标准卜载网(wW.freb.net)
    D1060-1982
    (3)衝突面は,ムービングバリヤ縦軸に対し直交していること。
    (4)ムービングバリヤの本体は,衝突時変形等によりユネルギーを吸収しない構造であること
    (5)ムービングバリヤと試験車との再衛突が避けられるようになっていなければならない
    (6)総質量は1100生20kgであること。ただし,試験日的により別の指定がある場合にはこの限りではない
    3.4けん引装置けん引装置は,次のとおりとする。
    (1)試験車又はムービングバリヤを試験目的により定められた速度まで加速した後。ほぼ一定の速度を保
    持できる性能をもつこと。
    (2)衝突の直前においてけん引カ及びガイド装置は,試験車又はムービングバリヤから切り離される構造
    であること。
    備考けん引するために必要なジグ又はガイド装置等を試験車に取り付けることによって,試験車の
    性能に影響を及ぼさないこ
    3.5ピット衝突地点の走行路には試験車ヌはムービングバリヤの姿勢,挙動を阻害しない範囲でどッ
    トを設けることが望宗しい。
    3.6速度测定装量测定装置の精度は土1%の性能をもち,解明度は0.5kmh以下とする。
    4.試験車の状
    4.1試験車質量標準装備時の質量に合わせる。ただし,試験日的により別の指定があればそれに合わ
    せる
    なお,質量を合わせるため,試験結果に影響を与えない範囲での部品の取り外し,又は補助おもりを搭
    載してもよい。
    4.2試験車の状娘試験車は,特に指定がない限り次の状態にする。
    (1)車両附属品,オプション部品は必要に応じて取り付る
    (2)冷却水,潤滑油,バッテリ液等は,試験結果に影響を与えない範囲で抜き取ってもよい
    (3)燃料グンクには最大容量の90%を超える燃料を注入する。ただしレ,燃料の代わりに比重が類似した代
    用液体を使用してもよい。
    (4)燃料配管内には燃料又は代用液体を正規の状態に注入する
    5)タイヤ空気圧は,指定された値にする。
    (6)変速装置のセレクト位置は,中立位置とする。
    (7)駐車制動装置は,開放状態とする
    (8)ドアロックは,開放状態とする。
    5.行突速度試験車又はムービングバリヤの速度を,試験目的により定められた速度範囲に合わせる。
    速度の測定は次のとおりとする。
    (1)試験車又はムービングバリヤが衝突する地点から手前3m以内で行う。
    (2)試験車又はムービングバリヤが一定区間を移動する時間,又は一定時間内に移動する距離を測定し算
    出する。
    6.衝突の条件衝突の条件は,次のとおりとする。
    (1)試験車又はムービングバリヤは,その縦方向轴が意図された衝突角度から土2にあるように衝突させ
    免费标准下教网(www.freeby.neU)无需注册,即可下载
    展开阅读全文
    提示  文档分享网所有资源均是用户自行上传分享,仅供网友学习交流,未经上传用户书面授权,请勿作他用。
    关于本文
    本文标题:JIS D1060-1982 轿车前面撞击和后面撞击的试验方法.pdf
    链接地址:https://www.wdfxw.net/doc61806778.htm
    关于我们 - 网站声明 - 网站地图 - 资源地图 - 友情链接 - 网站客服 - 联系我们

    版权所有:www.WDFXW.net 

    鲁ICP备09066343号-25 




    收起
    展开